高野山麓の竹の恵み・・竹の夢
竹の夢トップページ 会社概要お支払い方法・送料製品案内掲示板買い物カゴお問合せ

美容コラム

第15回 マッサージの効果

齢70半ばを過ぎた母。昨年病気が発覚し、体重が14kgも減ってしまい、がりがりに痩せてしまいました。もともとさほど太った体型ではなく、童顔で若々しかった面影もないくらいに顔じゅう深い皺だらけになってしまいました。(内心ほんとうに驚きました)

もともと超がつくほどの敏感肌で、化粧はほとんどせずマスカラと口紅くらいのあっさりメイクで、その代わりマニキュアは1日たりとも欠かさないそんな女性です。
しかしながら、本人が一番ショックだったことは言うまでもなく、病気にめどがつき始めた頃から、誰に勧められたわけでもなく、毎週欠かさずフェイシャルエステに通っています。

そうした一生懸命さ、努力が実ってか、会うたびに顔の皺が減っているではありませんか。
体重は3kg弱増えたものの、まだまだ40キロに満たないので大して変化があるように見えませんが、近頃では、肌の色艶もよくなってきてその効果に驚かされています。

顔〜首〜デコルテとマッサージでリンパと血行の流れを促し、十分な保湿で肌に潤いとハリを与えているセラピストのゴールドフィンガーによるテクニックに今更ながら脱帽です。

もちろん毎日のセルフエステが大事なのは当然ながら、できることには限りがある事も事実。
やはり、セラピストの神なる手による美肌への導きは、女性なら誰しもが願い憧れるところだとつくづく思います。

さらに一番大事なことは、「心がけ」であり、「意識を持つ」ことの大事さと、いくつになっても「美しくありたい」気持ちが、若さと美しさの秘密であることを我が母は教えてくれています。

グレースサナエ
Copyright(c) 2004 Biho,CO.LTD All rights reserved