高野山麓の竹の恵み・・竹の夢
竹の夢トップページ 会社概要お支払い方法・送料製品案内掲示板買い物カゴお問合せ

美容コラム

第17回 健康こそが美肌のもと

2009年1月。寒さも本番。冬真っ盛りの寒い日が続いています。
風邪やインフルエンザなどが流行っていますが、皆様お変わりなくお過ごしですか。

筆者は、新年に入り間もなくインフルエンザA型にかかってしまいました。
幸い、医薬のタミフルが効きましたが39,7度の熱まで出る日が続くと、体力気力が失われ回復するのにも時間を要しました。
ワクチンを接種していても罹患してしまうなんて、不運より免疫力が低下していたのかと健康管理のなさを反省するばかりです。

さて、その免疫力ですが、体温が1度低下すると、30%以上も弱くなるそうです。
この時季には、インフルエンザや風邪、胃腸障害、冷え性などになりやすいので、寒さからくる運動不足、睡眠不足、乱れた食生活などの改善や自己管理がいつも以上に大事です。

また、体温の低下は、基礎代謝の低下にも繋がり、1日200〜500kcal低下すると、体重が1〜2kg増え、いわゆる「冬太り」にもなりやすいです。

なんとなく「だるい」「疲れやすい」と感じたら栄養の消化酵素の働きが低下しているだけでなく、エネルギーの生産力も低下しているということかもしれませんので、
こうした体温の低下を予防するために、また「だるさ」や「疲れやすい」身体を改善するためにも、体内から鉄分を摂るとよいでしょう。
ことに貧血や低血圧などで悩む女性には、牛乳、あさり、豚レバー、納豆などがおススメです。

「健康こそが美肌のもと」どうぞ皆様くれぐれもご自愛ください。


グレースサナエ
Copyright(c) 2004 Biho,CO.LTD All rights reserved